スピードラーニングを聞き流してみた

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 未分類
CATEGORY ≫ 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

字幕付き映画を見るのは英会話習得に効果あり

昨日は会社の同僚と飲みに行ったので、英語の勉強ができなかった。待ち合わせの時間までに少し時間があったので、本屋さんで英語学習に関するある雑誌を立ち読みしたのだが、そこに元大リーグ選手の長谷川滋利さんの英会話学習体験談が載っていた。

その雑誌によると、長谷川さんは主に字幕付きの映画を見て英語を勉強したそうだ。私の会社にも英語がペラペラな人がいるのだが、その人に以前どうやって英語をマスターしたのか聞いたところ、長谷川さんと同様に映画を見てマスターしたと言っていた。

長谷川さんが英語をしゃべっているYouTube動画を見たが、とても流暢な英語だった。彼は「you know」という言葉をよく使うなという印象だった。英語をたくさん聞いていないと、この「you know」はとっさに出てこないだろうなと思う。

以前「超字幕」のソフトを10本ぐらい買ったが、まだほとんど見ていないので、休日などに見て勉強したい。映画に出てくる英語は普通の日常会話であるが、より難しいという印象がある。字幕なしで理解するのは、今の私には至難の業だ。

今日はスピードラーニング18巻の英語のみバージョンを聞いた。聞き取れない箇所がたくさんあったが、いちいちそれに引っかかっていては聞き流しが進まないので、聞き流すようにしている。

どんなに勉強しても、日本人である自分がネイティブの話す英語を完全に理解できる日が来ることはないだろうと思う。だからおおよその意味を理解して、あとは推測するしかないだろう。
未分類 | Comments(-) | Trackbacks(0)

バイリンガルになるには3000時間英語を聞く必要があるそう

バイリンガルになるには3000時間英語を聞く必要があると聞いた。1日3時間聞いても3年かかる計算になる。ほとんどの人はそこまで英語の勉強を続けられないから、英語が話せない。ヒアリングマラソンでは1年で1000時間勉強が必要だと言っている。ヒアリングマラソンを始めてまだ半月ぐらいだが、1日3時間も聞けていない。せいぜい1時間程度だ。聞けていない日は10分も聞いていない。ヒアリングマラソンだけを3時間勉強すると、へとへとになってしまうので、スピードラーニングやNHKのエンジョイ・シンプル・イングリッシュなど気軽に聞ける教材も活用して、なんとかリスニング時間を確保したい。英会話習得の道のりは遠い。
未分類 | Comments(-) | Trackbacks(0)

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

最近本屋さんでNHKラジオの「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」という講座があることを知りました。この講座は中学校で習うような易しい単語や文法を使って書かれた英文を聞くというものです。

この講座は自分にぴったりだと思いました。とにかく内容が分かりやすいので、ストレスなく聞くことができます。「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」はどちらかというと、スピードラーニングと同じ聞き流し教材に分類されるのではないかと思います。登場人物の名前が日本人なので、日本語を英語に翻訳したものかもしれませんが、日常誰もが使うような英語なので、英会話習得に効果が期待できそうです。

「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」のショートストーリーを集めたCDブックが本屋さんで売られていたので、それを聞いているのですが、ナレーターがイギリス英語を話す方である場合があり、ちょっと分かりづらいです。「can't」の発音が「キャーント」ではなく、「カーント」だったりします。「chair」の発音も「チェア」の「ア」が聞こえなかったりして、何て言ったのかわからなかったり。

スピードラーニングはすべてアメリカ英語なので、アメリカ英語に慣れてしまうと、イギリス英語を聞いたときに違和感を覚えます。一方、ヒアリングマラソンはアメリカ英語のほかに、イギリス英語も出てきますし、時々非ネイティブの英語なんかも出てきます。

英語は世界共通語ですので、アメリカ英語だけでなく、いろんな国の人が話す英語にも慣れていかないといけないのかもしれません。
未分類 | Comments(-) | Trackbacks(0)

スピードラーニングでモテモテになる?

なぜ、スピードラーニングをやっているのか?

英語が話せるようになりたいからです。

なぜ英語が話せるようになりたいのか?

カッコいいからです。

電車に乗っていたら、なんか頭の悪そうなセンスの悪い恰好をした小太りの男が乗ってきた。するとそのあとを外国人がついてきた。やがて二人で英語で話し始める。小太りの男の発音がお見事で、かなり早いスピードで話している。片手に日本語の新聞を持っているし、どう見ても日本人。

こうなると小太り君が急にカッコよく見えてくる。変な服装に見えたけど、よく見ると実は流行っているんじゃないか?なんて思えてくる。

そんな経験ありませんか?生意気な職場の後輩なんだけど、英語が上手いものだからなんかコチラがひるんでしまう、みたいな…。

そうなんですよね。英語が話せるとカッコいいわけですよ。

では、スピードラーニングはカッコいいのか?

これは好みの問題でしょうけど僕にはそう思えない。なんかテレビCMも通販っぽいし、ネットで時々見る広告も古臭いような。(あくまでも個人の主観です)

じゃ、カッコいいのを選べばいいのでしょうが、そこまで強い意志はないんです。こういう不純な動機なので気楽に学べそうな教材がいいんです。

というわけでスピードラーニングです。今日もちゃんと聞き流しましたよ。リスニング力はアップしているような気がします。
未分類 | Comments(-) | Trackbacks(0)

ごぶさたです

ごぶさたしております。

長期出張の為、更新が滞っておりました。

またしばらく日本を離れなければなりません。
ではまた。
未分類 | Comments(-) | Trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。